緑内障

緑内障は、視野が欠ける病気です。自覚症状が全くないのが特徴なので、早期発見のためにも、40歳以上の方は、眼科での定期検診をおすすめします。

緑内障とは

緑内障は、目の視野が徐々に欠けていく病気で、自覚症状がないまま進行していきます。
目の視野は左右で補い合っているので、症状が出た場合には、症状がかなり進行し、視野がすでに欠けている可能性があります。
また、緑内障は遺伝的な傾向があると言われています。
兄弟や両親など血縁関係で緑内障の方がいる場合には、一度眼科で検査を受けるほうがいいでしょう。

 

緑内障は、眼科の眼底検査と眼圧検査で発見することができます。自分では気づきにくいため、40歳を過ぎたら定期的に眼科の検診を受けることをおすすめします。

緑内障の原因

緑内障は、眼圧の上昇によって視神経の障害がおき、視野が欠けていく病気です。
ただ、発症する原因や、なぜ緑内障になる人とならない人がいるかなど、詳しいことについては何もわかっていません。
一度視野が欠けると元に戻ることはないので、視野が欠ける前の早期の段階で治療を行い、進行を抑えることが重要になります。

当院での検査方法

最新のOCT(光干渉断層計)を使います

当院では、緑内障の早期発見に役立つOCTと視野検査で、緑内障の進行具合を判断しています。
OCT(光干渉断層計)は、短時間で眼圧内部の状態を検査できる最新鋭の機器です。
OCTは目の表面だけでなく、網膜や視神経の断層などの状態を観察できるのが特徴です。
その場ですぐに確認・結果がでるので、緑内障の早期発見が可能です。

当院での治療方法

点眼と経過観察が重要です

緑内障は、視神経に障害が起き、徐々に視野が欠けていく病気で、一度障害を受けると二度と回復することが出来ません。そのため、早期に発見をし、進行を止める必要があります。
症状を悪化させない一般的な方法は、点眼となります。
何種類かある点眼薬の中から、患者さんの目の状態に一番適した点眼薬をお選びいたします。
点眼薬による治療をつづけ、定期的にOCTと視野検査をしながら経過観察をすることで、失明を防ぐことができます。

緑内障になったら気をつけること

点眼薬を毎日決められた時間に点眼し、定期検査をしっかり受けることが重要です。
点眼を忘れたら、翌日もしくは次の点眼時間に必ず点眼してください。

 

緑内障の治療中でも、生活の制限や注意することなどは特にありません。
点眼薬による治療と、定期的に眼科を受診していただくこと以外は、普段と変わらない生活ができますので、ご安心ください。

全身の健康にも関わる病気です

糖尿病の合併症から、緑内障を発症する場合もあります。

全身の健康も考え、眼科を含め全身の健康診断を定期的に行うことが、特に重要になります。

院長からのメッセージ

緑内障は、早期発見・早期治療が大切です。

眼科で定期検診を受けてさえいれば、眼圧や眼底、視野検査によって初期の段階で発見することができる病気です。

当院では、緑内障の早期発見に役立つOCTを設置しておりますので、何か目について不安なことがある場合には、お気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

  • common_tel.png
  • アクセス診療時間